本職が外国語の通訳というわけではなく、どちらかといえば外国語の文書の翻訳を時々行なっている者です。しかしたまーにイベントなどで、外国語の通訳を頼まれたりするわけですが、もう脳みそフル回転という状態になりますね。

とはいえ、高度な英語の通訳ではなく、テーブルで外国人が楽しく雑談するための通訳なわけなのですが、しかし普段は外国語の翻訳の方をしていますので、やっぱり慣れないなーと思います。だって、ネイティブの英会話の通訳の場合ですと、ものすごく切り捨てますもん。

それはまあ、私の英語レベルが拙いからだと言ってしまえばそれまでではあるのですが、しかし英語の文書翻訳からしますと、英会話の通訳では訳していないところが多くて、気になるといえば気になるわけです。しかし外国語の通訳が本業の人に言わせてみれば、「まあそのぐらいでいいんでしょ」とうことですから、そんなものかなーとは思っています。外国語の通訳は大筋で合っていればいいのかと。

いや、もっと高度な英語レベルになりますと、瞬時にニュアンスもバッチリで訳せるようになるのだとは思いますが。