通訳ということをやったことがあるでしょうか、といえば大抵の人はNoと答えるのですが実際問題として英会話教室に通っていなくても英語など外国語を喋ることはそれなりに機会としてはあります。ちょっと道を教えただけでもそれは十分に通訳をしたと言えることになるでしょうから、私は行ったことがあると答えることがあります。さて通訳なのですが意外とどうにかなるのが単語の組み合わせで説明しようとすることです。日本語のようには通じないことも多いのですが単語単語を発音していくことによって、相手もこちらが何を言いたいのかそれなりに分かることになります。

通訳と言うにはあまりにも稚拙なことではありますがそれでも十分にメリットがあるやり方と言えるでしょう。日本語のように単語を発生していけばそれなりに意味が通じることではないという主張もあるのですが、実際そんなことはなく、意外と通じることがありますから不安にならずに道端に困っていそうな外国人がいたら話しかけたりすると良いでしょう。ちなみに海外でそんなに日本人が道を聞くのを外国人にしたりすることはないのですが外国人は割とどんどんやってきます。